1. ホーム
  2. povoライブラリ
  3. 【2024年最新版】OPPOのおススメ機種をシリーズごとに徹底解説
Vol.96
更新日:2024年6月18日

【2024年最新版】OPPOのおススメ機種を
シリーズごとに徹底解説

Vol.96
更新日:2024年6月11日
スマホを持って笑う女性

近年、日本でも知名度が上昇しているOPPOは、2018年に日本市場に参入した中国のスマホメーカーです。コストパフォーマンスやカメラ性能などが優れており、日本でも多くのユーザーからの支持を集めています。

OPPOのスマホは、ハイエンドモデルからエントリーモデルまで、幅広いラインナップを誇ります。そのため、どの機種を選ぶべきか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで本記事では、OPPOのスマホ購入を検討中の方に向けて、OPPOのスマホの特徴や3つのシリーズ、おススメの機種、選ぶ際のポイントなどについて解説します。OPPOのスマホに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

目次

OPPOとは?

OPPOとは、2004年に中国で設立された、世界で4番目に大きな市場シェア(2023年時点)を持つスマホメーカーです。2008年に携帯電話事業を開始し、2018年に日本市場へ進出しました。

現在、60を超える国と地域で事業を展開しており、6億人以上のユーザーがOPPOの製品を使用しています。日本では、オウガ・ジャパン株式会社がOPPOのスマートフォンの輸入および販売を担当しています。

参考:『OPPOが2023年、世界のスマートフォン市場で第4位にランクイン』|OPPO

OPPOのスマホの特徴

スマホを見ながら考える男性

OPPOのスマホは、価格と性能のバランスに優れているため、日本でも人気が高まっています。また、カメラ性能も優れており、美しい写真を手軽に撮影できます。

さらに、トレンドを取り入れたスタイリッシュなデザインもOPPOのスマホの魅力のひとつです。以下では、OPPOのスマホの特徴について解説します。

価格と性能のバランスがいい

OPPOのスマホは、低価格でありながら高性能な機種が多く、コストパフォーマンスに優れているのが大きな特徴です。高画質ディスプレイや急速充電機能などを搭載した機種もあり、多くのユーザーから支持されています。

また、OPPOはおサイフケータイに対応した機種など、日本市場を意識した製品展開を行っていることも魅力のひとつです。価格を抑えながらも、質の高いスマホを求めている人にとって、OPPOのスマホは有力な選択肢のひとつとなるでしょう。

優れたカメラ性能

OPPOのスマホは、カメラ性能が優れていることも特徴のひとつです。5,000万画素以上の高解像度カメラや広角カメラを搭載した機種も多く、日常の風景や夜景など、さまざまなシチュエーションで美しく撮影できます。

また、多彩なAIカメラ機能も搭載しており、色調の自動最適化やAIビューティー等の機能により写真を簡単かつきれいに編集可能です。そのため、SNSで映える写真を求める方にとって、魅力的なスマホと感じる方も多いでしょう。

トレンドに合わせたデザイン

トレンドに合わせたスタイリッシュなデザインも、OPPOのスマホの特徴です。近年、シンプルなデザインのスマホが多い中、OPPOは個性的なデザインの機種を多数発売しています。

たとえば、見る角度によって色味が変化するグラデーションカラーを採用した機種や、落ち着いた雰囲気のレザー調のデザインを採用した機種などがあります。自分らしさを表現したい方やデザインにこだわりがある方には、OPPOのスマホがおススメです。

OPPOの3つのシリーズ

スマホを女性に見せる男性

OPPOのスマホには、大きく分けて3つのシリーズがあります。最上位モデルの『OPPO Find シリーズ』、ミドルレンジの『OPPO Reno シリーズ』、エントリーモデルの『OPPO Aシリーズ』です。以下では、これらの3つのシリーズについて解説します。

OPPO Find シリーズ

OPPO Find シリーズは、ハイエンドモデルに位置づけられています。高性能なCPUやカメラ機能などを備えており、デザインも革新的な点が特徴ですが、他社のハイエンドモデルと比べると、控えめな価格設定です。

そして、高画質ディスプレイや大容量バッテリーを搭載しており、特にスマホゲームを快適にプレイしたい方にとって、必要な機能を多く搭載しています。

なお、このシリーズは、日本独自の機能である「おサイフケータイ」には対応していない点には注意が必要です。

OPPO Reno シリーズ

OPPO Reno シリーズは、バランスの取れた基本性能とコストパフォーマンスの高さが魅力のミドルレンジのシリーズです。

日本市場向けに開発されたこのシリーズは、「おサイフケータイ」や防水・防塵機能など、日本のユーザーが重視する機能を多く搭載しています。

なお、Renoシリーズには、カメラ性能や急速充電に対応したRenoシリーズと、よりコストパフォーマンスを重視したReno Aシリーズがあります。

OPPO Aシリーズ

OPPO Aシリーズは、手ごろな価格が魅力のエントリーモデルです。CPU性能やRAM容量などのスペックは、上位モデルのOPPO Reno シリーズには及びませんが、日常で必要な機能は十分に備えています。

スマホゲームなど負荷が高いアプリの使用には不向きですが、通常の使用であればストレスを感じることはないでしょう。そのため、価格を抑えたい方に最もおススメのシリーズです。

OPPOの最新おススメ機種3選

スマホ画面を見るスーツ姿の女性

今回紹介するのは、OPPO Find シリーズの『OPPO Find X3 Pro』、OPPO Reno シリーズの『OPPO Reno10 Pro 5G』、そしてOPPO Aシリーズの『OPPO A79 5G』の3機種です。これから紹介するスペックや特徴を理解し、自分に最適な機種を見つけましょう。

OPPO Find X3 Pro

OPPO Find X3 Proはハイエンドモデルのスマホで、10bitのフルパスカラーシステムを搭載し、撮影から記録、ディスプレイ表示まで、肉眼で見たままの色鮮やかさが表現できる性能を備えています。10億色をディスプレイで表現できるため、スマホゲームのグラフィックは一層リアルとなり、より没入感あふれるゲーム体験ができるでしょう。また、外観は宇宙船からインスピレーションを得た、流れるような曲線美のデザインです。

カメラ性能も優れており、広角と超広角の両方で5000万画素の高解像度で、自然な色彩で写真や動画の撮影ができます。さらに、顕微鏡カメラを搭載し、肉眼では見えない細部を捉えることが可能です。

バッテリーは4,500mAhの大容量で、65Wの急速充電に対応し、1%から100%までわずか40分で充電できます。さらに、ワイヤレス充電(Qi)にも対応しています。

サイズ(幅W×高さH×厚さD )
※最厚部サイズとは異なる場合があります。
約W74×H163.6×D8.26(mm)
重さ 約193g
ディスプレイ 約6.7インチ
メモリ 12GB
ストレージ 256GB
メインカメラ 広角:約5,000万画素
超広角:約5,000万画素
望遠:約1,300万画素
顕微鏡:約300万画素
インカメラ 約3,200万画素
バッテリー 4,500mAh

OPPO Reno10 Pro 5G

OPPO Reno10 Pro 5Gは、わずか28分(※1)でフル充電が可能という驚異的な速さが、大きな特徴のミドルレンジモデルのスマホです。また、独自の「Battery Health Engine」技術により、バッテリー寿命が4年間(※2)と長寿命化にも成功しています。

機能面でも、「おサイフケータイ」や指紋認証、デュアルSIMなど、日本のユーザーのニーズに対応しています。スマホを長く使いたいと考えている方には、OPPO Reno10 Pro 5Gは最適な選択肢のひとつと言えるでしょう。

サイズ(幅W×高さH×厚さD )
※最厚部サイズとは異なる場合があります。
約W75×H163×D7.9(mm)
重さ 約185g
ディスプレイ 約6.7インチ
メモリ 8GB
ストレージ 256GB
メインカメラ 広角:約5,000万画素
超広角:800万画素
望遠:3,200万画素
インカメラ 約3,200万画素
バッテリー 4,600mAh

※1:同梱の充電器を使用し、画面を消灯した状態で2%〜100%までの最短充電時間です。使用状況や使用環境によって異なります。
※2:1000回の充電を繰り返してもバッテリー容量は88%以上を維持。これはOPPO Reno8シリーズのデータに基づいてユーザーの日常行動(1日1回のフル充放電)をシミュレーションし、1600回の充電を繰り返した後でもバッテリー容量は80%以上という結果に基づいています。1600回は約4年間の使用に相当します。これはOPPO実験室で収集されたデータに基づいています。テストソフトウェアのバージョンや特定のテスト環境により若干異なる場合があります。また、お客様の使用状況や使用環境によって異なります。

OPPO A79 5G

OPPO A79 5Gは、コストパフォーマンスの高さが魅力のエントリーモデルのスマホです。「おサイフケータイ」や防水・防塵機能、急速充電など、上位モデルの「OPPO Reno A」シリーズに見劣りしない機能を備えています。

また、5G通信にも対応しており、高速かつ大容量の通信が可能です。コストパフォーマンス重視の方やスマホ初心者の方には、OPPO A79 5Gがおススメです。

サイズ(幅W×高さH×厚さD )
※最厚部サイズとは異なる場合があります。
約W76×H166×D8(mm)
重さ 約193g
ディスプレイ 約6.7インチ
メモリ 4GB
ストレージ 128GB
メインカメラ 広角:約5,000万画素
深度:約200万画素
インカメラ 約800万画素
バッテリー 5,000mAh

OPPOのスマホを選ぶ際のポイント

スマホを持って悩む女性

OPPOのスマホは、コストパフォーマンスに優れていますが、購入前に考慮すべきいくつかのポイントがあります。まず、自分がスマホをどのような場面で使うのかを考え、そのシーンに適した機種を選ぶようにしましょう。

以下では、OPPOのスマホを選ぶ際のポイントについて解説します。

利用シーンに合っているシリーズを選ぶ

スマホを選ぶ際、自分の利用シーンに合ったモデルを選ぶことが大切です。これは、OPPOのスマホに限らず、どのメーカーの製品でも同じことがいえます。

たとえば、スマホゲームをよくプレイする方には、高性能なOPPO Find シリーズやOPPO Reno シリーズがおススメです。一方、主にWebページの閲覧や通話を行う方には、手頃な価格のOPPO Aシリーズが向いていると言えるでしょう。自身のライフスタイルに合わせて最適なスマホを見つけましょう。

機能性を確認する

OPPOのスマホを選ぶ際には、搭載されている機能にも目を向けることが大切です。「おサイフケータイ」や防水・防塵機能、急速充電など、多機能な機種を選ぶことで、スマホの活用の幅が広がります。

特に「おサイフケータイ」は、最近は対応機種が増えていますが、古い機種の多くは非対応です。自分に必要な機能を備えた機種を選ぶことで、満足度の高いスマホに出会えるでしょう。

まとめ

ベッドでスマホを見る女性

今回の記事では、OPPOのスマホの特徴やスマホのシリーズ、おススメの機種、選ぶ際のポイントなどについて解説しました。OPPOは、世界シェア4位の中国のスマホメーカーで、コストパフォーマンスやカメラ性能が高く、デザイン性が優れているスマホを多く発売しています。OPPOのスマホを選ぶ際は、自分の利用シーンや必要な機能、予算に合った機種を選ぶことが大切です。

OPPOのスマホを購入する際には、併せて通信料金を見直すといいでしょう。通信料金が気になる方は、おトクなauのオンライン専用ブランド「povo2.0」(※3)をおススメします。

povo2.0は、月々の基本料金は0円(※4)(※5)(※6)で、自由にデータ容量をトッピングとして購入できます。さらに現在、他社から(※7)povo2.0へ乗り換えたお客さまを対象に、povoアカウントにau IDを連携し、SIMを有効化した後7日以内に対象トッピングを購入すると、au PAY 残高へ最大10,000円相当(非課税)の還元が受けられるキャンペーンを実施中です。

OPPOのスマホの購入を検討中の方は、この機会にpovo2.0への乗り換えも検討してみてはいかがでしょうか。

※3:オンライン専用のプランのため、お手続き・サポートは全てオンラインとなります。povo2.0アプリや公式サイトからお問い合わせください。

※4:【通話+データの場合】
・別途通話料、SMS送信料がかかります
国内SMS送信:税込3.3円/通(70字まで)受信:無料
機種により最大全角670文字まで送信可能です。134字までは2通分、それ以降は67文字ごとに1通分の送信料がかかります。
【データ専用の場合】
・契約時に初回トッピング購入が必要です

※5:同一名義で5回線(*)ご契約の場合、累計6回線目以降、税込3,850円/回線の契約事務手数料がかかります。

*過去1年以内に、解約済、当社によりキャンセルした回線も含む。
180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となることがあります。
また別途所定の手数料等の費用がかかる場合があります。

※6:0円0GB時は、送受信最大128kbps。

※7: au/UQ mobile/povo1.0からのお乗り換えは除く。

  1. ホーム
  2. povoライブラリ
  3. 【2024年最新版】OPPOのおススメ機種をシリーズごとに徹底解説

その他のおススメ情報はこちら!

お手続きについて