1. ホーム
  2. 機種変更お手続き

機種変更お手続き

UPGRADE

お手続き前に確認!

povo2.0のご利用にはSIMフリーまたはSIMロックを解除した端末をご用意ください。
auでご購入された端末は、SIMロック解除は不要です。
SIMロック解除が不要なauの端末は、au Online Shopにて購入が可能です。
詳細はこちらのページをご確認ください。

また機種変更に伴いSIMの再発行を行う場合は、不正利用防止のため再度本人確認が必要です。
SIMの再発行にはご本人確認の実施がお手続きに必要です。
以下の本人確認書類いずれか1点をご用意ください。
・運転免許証
・マイナンバーカード
・在留カード


お手続きフロー

[ 手順 ]

機種変更後の端末がSIMカード端末かeSIM端末かわからないお客さまは、こちらから以下に記載の手順でご確認ください。

[ iPhone・iPadの場合 ]

※SIMカード・eSIMどちらにも対応している端末をご利用の場合は、「Tips:SIMカード・eSIMどちらにしようか迷っている方へ」を参考にSIM種別を選択してください。


[ Androidの場合 ]

※SIMカード・eSIMどちらにも対応している端末をご利用の場合は、「Tips:SIMカード・eSIMどちらにしようか迷っている方へ」を参考にSIM種別を選択してください。

SIMカードとeSIMにはそれぞれメリットとデメリットがございます。代表的なメリットとデメリットを紹介いたしますのでSIM種別を選ぶ参考にしてください。


SIMカードのメリット(1):幅広い機種で使える

対応機種が限られているeSIMに比べて、SIMカードは比較的古い端末から最新機種まで、幅広い機種で使えます。


SIMカードのメリット(2):機種変更時の手続きが簡単

eSIMで機種変更をする場合は、eSIMの再発行手続きを行う必要がありますが、SIMカードは新しい端末に挿し替えて端末の設定を行えば同じSIMカードを引き続き使えます。


SIMカードのデメリット(1):紛失のリスクがある

端末に内蔵されているeSIMに比べ、取り出すことができるSIMカードには紛失のリスクが伴います。もし紛失した場合、再び利用するにはSIMカードを再発行し郵送されるまで待つ必要がございます。


SIMカードのデメリット(2):故障の心配がある

物理的なSIMカードには故障のリスクが伴います。水分・ホコリ・汚れなどが付着することで読み込みができなくなる場合があります。挿し替えの際には、水分・ホコリ・汚れが付着しないようご注意ください。



eSIMのメリット(1):即日で使える

povo2.0アプリでeSIMの申し込み後、Wi-Fiネットワークがあれば、当日中*に開通ができます。
※20時以降にお手続きの場合は、翌日の9時30分以降に開通します。
SIMカードが郵送されるまでの待ち時間や、物理的なSIMカードの挿し替えの手間なども発生しません。


eSIMのメリット(2):複数の回線が使い分けられる

eSIMは、複数の回線を使い分けたいときにも活用できます。「デュアルSIM」に対応した機種であれば2回線同時に利用が可能です。なかでもeSIMを搭載している機種なら、eSIMだけで2回線を利用したり、SIMカード1枚とeSIMを組み合わせて2回線を利用できます。機種によって仕様が異なるため、気になる方はメーカーのホームページなどを確認してみましょう。


eSIMのメリット(3):故障リスクが少ない

物理的なSIMカードは挿し替えの際に水分・ホコリ・汚れが付着し故障するリスクが伴います。eSIMはSIMの挿し替えが不要ですので、故障するリスクが少ないでしょう。


eSIMのメリット(4):紛失の心配がない

取り出す必要がないため紛失の心配もないでしょう。カードの代わりに埋め込み型のチップが使われているため、わざわざ分解でもしない限りは端末から出る・落ちるようなことはございません。


eSIMのデメリット(1):対応機種が限られている

SIMカードと比べeSIMは対応機種が限られています。比較的古い機種の場合はeSIMに対応していない可能性が高いので、eSIM対応端末か申し込み前に確認してください。


eSIMのデメリット(2):ネットワーク環境が必要

オンラインで設定をおこなうため、ネットワーク環境が整っていないと手続きが進められない点もeSIMのデメリットです。自宅にWi-Fi環境はございますか?もしない場合は知人に頼んでWi-Fiを借りるなどの対応が必要です。

eSIMについて更に詳しく知りたい方は、こちら